働こう、日給のお仕事
Pagelist

日給と日給月給の違い

働こう、日給のお仕事 給与制には、三つ存在します。それは、月給制、日給制、そして日給月給制です。一つ目は、月給制です。月給制は、月に決まった給与が貰える給与制度です。賃金規則に「欠勤時には日数分日割りで減額される」と明記されてない限り、月に何日休んでも固定の給与が貰えます。二つ目は、日給制です。日給制は、一日幾らで計算します。一日の単価に働いた日数で掛けた金額が給与になります。そのため、休んだ日がある場合は、その日の給与は出ません。三つ目は、日給月給制です。日給月給制は、月に決まった給与に欠勤した日数分の日割り額で計算されます。社会保険の扱いは、三者とも異なるので注意が必要です。

次に日給と日給月給の違いについて述べます。日給月給の場合、稼働日数が5日しかない月は、1日の欠勤では月額の1/5が引かれます。稼働日数が20日もある月は、1日の欠勤では月額の1/20が引かれます。一方、日給額は稼働日数に影響をしません。つまり、日給月給制は日給制に比べて、働いた日数に対して給与が安定しないということです。

世の中の企業には、こういった真面目に考えずにアナウンスする企業が多くあります。月給と日給月給の違いが仕事に就くときに重要なポイントなら入社前に確認しましょう。